小野小町記念館
小野小町記念館
小野小町記念館  
小町の舎

敷地は山間のゆるやかに囲まれた小宇宙にあり、閉ざされたユートピアである。
小規模で変化に富む自然の中で、建築は誇張的な表現は避け、風景の一点景としか考えられていない。
小町の舎には優しさと感覚の洗練さを求めたい。
南北に長くのびた壁、あるいは円弧壁による広がりと奥行をもったさまざまな空間が、順を追って現れ、内外が連続し自然と一体化する。
構築的に形成された動線による空間のシークエンスは、現代の寝殿造を体験させる。

株式会社アトリエ テクネ −一級建築士事務所 企画.設計− close