HOME
WHAT'S NEW
SITEMAP
ATELIER TECHNE
CONCEPT
ARCHITECT
BLOG
RECRUIT
ACCESS
GALLERY
APARTMENT
WELFARE
RESIDENCE1
RESIDENCE2
MEDICAL FACILITY
OFFICE
COMMERCIAL
PROJECT
URBAN RENEWAL
 
 
松山O邸
所在地 愛媛県松山市岩崎町
用途 独立住宅
構造・規模 RC造・2階
竣工 2000年8月
 
 
 
 
建築家と喜怒哀楽してつくる家 建築ジャーナル 掲載  
プライバシーを守り、人を呼ぶ円形の壁

庭の椰子の木が、コンクリート壁の前にたつ。ここは愛媛県松山の秋のO邸。「リゾートの夏の感じでしょ」と建て主のO・Mさんは、居間のソファーでくつろぐ。その部屋の奥は、家の中心で外部空間でもあるライトコート。青空からの光が、石畳の空間を白く照らす。その中央で、井戸水の噴水がこんこんと沸く。

夫Mさんが松山の病院長を勤めることになり、O夫婦はその地に新居を計画。まず夫Mさんは建築家・横田泰介さんを、当時生活していた神戸六甲のマンションに案内した。「仕切りがなく、視線が抜ける空間の好みを理解してもらった」。そこで横田さんは「内部空間と外部空間が複雑に相互貫入する空間」と提案し、話は進んだ。

ライトコートが軸の円形の家は、室内のどこに2歳の娘が遊んでいても、妻O・Yさんの目に届く。室内は開放的だが、コンクリートの壁はぐるりと家を守る。「私は病院の仕事や学会で家をあけがち。防犯を配慮した」とMさん。そして壁は、マンションが建て込む周囲から家族のプライバシーを守る。「しかし道路面の植栽や珪藻土の壁で、周囲に威圧感を与えない外観に」と横田さん。

吹抜けの居間に「人を呼ぶことが好き」とMさん。病院の職員、友人、親類など大勢で食卓を囲む。キッチンは2人が作業できるスペースをとった。「子ども時代、両親がもてなした人に可愛がられた。自分の子どもも、他人から愛情をもらって育てたい」。

2階の中央は珪藻土の壁の筒とガラス。その外光が子ども部屋のドアに届く。娘の一室の隣は将来生まれる子の部屋に。まだ性別がわからないのでノブは黄色にした。

建築ジャーナル 編集部


株式会社アトリエ テクネ
一級建築士事務所 企画.設計
Copyright © Atelier Techne Corporation. All Rights Reserved.